MENU

No.014 毛皮

今回のお題は「毛皮」です。
ある問題について2つの考え方があって、双方の意見を検討したうえで、最終的にどちらに票を投じるか、ということをマップを使って考えたかったのです。
毛皮問題は読売KODOMO新聞でも取り上げられていました。
といってもつながりマップなので、話題が収縮しません。広がっていきます。母の思惑とはちょっと合致しないツールかも。

f:id:kabokabo2:20190212173210p:plain

◆毛皮とは
毛皮とは毛がついたままの動物の皮です。
私たちはは衣服や装飾品(タペストリー、絨毯)として利用しています。


◆何が問題になっているか
毛皮として使われる動物は多種多様。ウサギ、キツネ、タヌキなどなど。
これらを捕まえる際に、間違って絶滅惧種を捕まえる(罠にかかる)ことがあります。
また毛皮にするために育てられている動物がいます。これらの動物は悪環境で育てられたうえ、残酷な殺され方をします。


◆毛皮の歴史
そもそも毛皮は狩猟時代より衣服として利用されていました。最初は防寒具でしたが、古代エジプトやローマ時代の頃からステータスという考え方が出てきました。
日本には奈良時代から中国からステータスの考え方が入ってきたようです。
防寒用の衣類には、手袋、靴、マフラー(襟巻)、コートなどがあります。
ステータスというのは社会的地位、身分という意味ですが、これを幼児に教えるのは難しいですね。持っているだけで、かっこよく見えたり、お金持ちに見えるするための道具、という言い方をしています。


◆結論
ここまでの会話の中で、息子は「動物を大切にしたいから、毛皮は無い方がいい」と言っていました。
まず、息子には毛皮がかっこいい、という概念が無いですから、当たり前の結論でしょう。ただ、自分の意見を述べるということができ、よかったなと思います。


◆キツネ、ウサギ、タヌキのことわざ
動物のことわざは調べ始めると楽しいですね。
「二兎を追う者は一兎をも得ず」
 二匹の兎を同時に捕まえようと追いかけても、結局一匹も捕まえられなくなる。 同時に異なった二つのことをしようと欲張っても、どちらもうまく行かないものである、という意味
「脱兎の如し」
 非常にすばやいことのたとえ。逃げ出す兎のように足が速い、という意味
「狐につままれたよう」
 「つままれる」は化かされる意で、どうしてそうなったのか全く事情が分らずに、ただぼんやりしている様子。
「狐の嫁入り 」
日が照っているのに、雨がぱらぱら降っている、奇妙な状態をいう
「捕らぬ狸の皮算用」
 まだ狸を捕まえないうちから皮を売ってもうける計算をする。 不確実な事柄に期待して、それを元にいろいろ計画を立てる、という意味
「狐をもって狸となす」
 狐も狸も実際に知らないこと。知識のせまいことのたとえ。 また、見当ちがいをすることのたとえ


◆キツネ、ウサギ、タヌキのお話より組み合せ
お話はこちら
http://www.douwa-douyou.jp/contents/html/douwastory/douwastory4_29.shtml

さてこのお話では5個のおにぎりを
キツネ、ウサギ、タヌキが何個ずつ食べたでしょう。
⇒キツネが3個、ウサギが1個、タヌキが1個

ではほかにどんな分け方があるでしょうか。
⇒21通りあります。
全部書き出してみました。

数学では重複組合せと言って公式があります。

おにぎりが5個なので
「 ○ ○ ○ ○ ○ 」
おにぎりとおにぎりの間の空間が6個になります。
3匹で分けるということは、2つの仕切りで分けることになります。

例えば
「 ○|○|○ ○ ○ 」
だと1個-1個-3個になります。

「 ○||○ ○ ○ ○ 」
だと1個-0個-4個になります。

6個のすき間に同じ場所であることを許して2つの仕切りを置く
⇒異なる6個から重複を許して2個とる(と読み替えます)

これを重複組合せと言って、
6H2(数字は小さく書きます)と書きます。

n H r = n+r−1 C r の公式を利用して

6H2=7C2=7!/2!=(7×6)/(2×1)=21
21通り

となります。

高校数学で習う分野です。母ほとんど忘れていて、ネットで復習しました。
順列のP(m個から順番を気にしてn個選ぶ)
組合せのC(m 個から 順番をつけずにn 個選ぶ)
重複組合せのH(m個から重複を許してn個選ぶ)

ここ、苦手でしたね。数が少なければ書き出した方が早いし、数が多いと、計算が合っているかわからないし、センス無いと何度も思いました。

組合せや公式は話していませんが、
息子は5個の分け方が色々とある、ということが面白かったようで、全部書き出せているかを一生懸命調べています。


今回はここまでです。


◆単語
毛皮、絶滅危惧種、二兎を追う者は一兎をも得ず、脱兎の如し、狐につままれたよう、狐の嫁入り 、捕らぬ狸の皮算用 、狐をもって狸となす、狩猟民族、防寒具古代エジプト、ローマ時代、ステイタス、奈良時代、防寒、手袋、靴、マフラー(襟巻)、コート、組合せ、重複、順列

◆母のメモ
f:id:kabokabo2:20190212173807p:plain

毛皮についてのサイトはこちらを参考にしました。
イラストでわかる毛皮の実態 | NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)


(息子 5歳1か月)

電動鉛筆削りとモーター

小さいとき母が欲しくて欲しくて憧れだったもの
でもうちはそれほど裕福でなかったので、言い出すことすらできなかったもの
それが電動鉛筆削りです。

そんな夢の機器電動鉛筆削りがダイソーに!
先日100円ショップのダイソーを歩いていたら、300円商品ではあったものの発見して、即購入しました。
f:id:kabokabo2:20190129164213j:plain
(既に削りかすが入ってます・・・)

乾電池式で削りすぎ防止機能などは無いものの、憧れの電動鉛筆削り。母も息子も大興奮で、家じゅうの鉛筆を集めて削るというパーティーが執り行われました。

さて騒ぎが収まり、改めて息子から、なんで鉛筆を入れると回るのか、と質問が。
母が「モーターの力だ」(正直よくわからないですが鉛筆を入れることで通電してモーターが回るんですよねー、きっと)というと、息子、「モーターって何・・・あ!!!」掃除機の話にたどり着きました。
ポスターになっていることで、いつでも確認することができる、関係する言葉も再び目から入ってくる、今のところ、つながりマップの仕組がうまく回っているなぁと思います。

tsunagari.tsukiyumi.com

No.013 掃除

今回は「掃除」のマップを作成します。
年末と言えば大掃除。ワーキングママのおうちでは少しずつ分けて週末にするのが一般的でしょうか。我が家は、会社が休みに入った12月29日から気になるところのみ一気に、の大掃除です。チェック表を作ったら、息子が進捗管理してくれました。
f:id:kabokabo2:20190128142401p:plain


◆おおそうじ
・2文字目は「お」
「お」の段を伸ばす時に「○お」と書くものと「○う」と書くものがあります。
うちは七田式で「○お」は「とおずつの ほおずきくわえた おおくの おおきな おおかみが こおろぎつれて とおくのくにまで こおりのうえを とおっていった」で覚えようとしてます(練習中)。
同じような暗記文例が検索するとたくさん出てきます。

・おおそうじとは
一年分の汚れを除去し、新たな年に歳神を迎える準備のこと。
歳神とは、新年のはじめに訪れ、年内の幸福と五穀豊穣をもたらす神のことと考えられました。
「五穀豊穣」今回はお米が実る、くらいで終わらせてしまいました。
調べたら色々な話につながりそうですね。


◆掃除機
 掃除に使う道具の1つ掃除機の仕組みを考えます。
 ファンとモーターという言葉を説明しました。
 ファン 羽のこと、回転して風をつくります。
 モーター 電気を回転などのエネルギーに変える機器です。
 ファンとモーターを使った機械はエアコンや冷蔵庫、扇風機などたくさんあります。

 掃除機の仕組みは
 http://motosyuuriyadesu.blog.fc2.com/blog-entry-74.html
 http://kadenplus.jp/structure/1446.html
 https://www.giaycaosanhdieu.com/soujiki_sikumi.html
 などを参考にさせていただきました。
 

◆ほうき
 掃除に使う道具としてもう1つほうきをあげました。
 ほうきは奈良時代から使われているそうです。
 奈良時代の有名人は鑑真。
 遣唐使船にのって大陸からやってきた僧です。
 唐招提寺を作り、日本に仏教を教えました。

◆相似(そうじ)
 同音異義語の相似を学習します。
 相似は幼児にわかる言い方だと「大きさ違いの同じ形」ですね。
 数学的には、「一つの図形を均等に拡大または縮小して他の図形と完全に重ね合わせられるとき、もとの図形とあとの図形とを相似と言う」そうです。
 似たものに合同があります。
 こちらも幼児にわかる言い方だと、「ぴったり重なる形」。
 数学的に言うと「二つの図形が全くぴったりと重ね合わせられること」。合同は、幼児に言うのとそう変わらない定義になってますね。
 折り紙で合同と相似を作ってみました。

◆【実験】酸性とアルカリ性
 掃除に利用する洗剤の性質を調べてみます。
 洗剤系、調味料、ドリンク等、身の回りにある液体を集めてみました。
 これにBTB溶液を加えてみると、色が変わります。
 BTB溶液(もとは緑色)は 酸性は黄色に、アルカリ性は青色に変化します。
 洗剤系のにがいものは青に、酢のようなすっぱいものは黄色になりました。
 水道水は若干アルカリ性なので、うすい青になります。
 結果、塩水、砂糖水など、すべてうすい青になりました。
 市販されてる水は中性なのでしょうか。アルカリイオン水と呼ばれてるのはアルカリ性かな。中性の水を探して実験すればよかったかもしれません。


◆単語
おおそうじ、五穀豊穣、歳神、掃除機、モーター、ファン、ほうき、奈良時代、鑑真、遣唐使船、唐招提寺、洗剤、アルカリ性、BTB溶液、ブロモチモールブルー、酸性、中性、相似、合同


◆母のメモ
f:id:kabokabo2:20190128142927p:plain
(息子 5歳0か月 35分)