MENU

No.012 オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

今回のお題は「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Wiki表記に合わせています)」です。
息子の保育園の合奏演目でした。事前に母が持っていたビートルズのCDを聴かせたところ、喜んで繰り返し聞いて踊ってました。楽しい曲ですよね。

f:id:kabokabo2:20190110111316p:plain

◆ビートルズ
「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」を歌うのはビートルズというイギリスのグループで
す。メンバーはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リン
ゴ・スター。

イギリスの国旗を確認しました。
(イギリスの場所や産業など確認してもいいですね。)

グループ名はbeatle(カブトムシ)とbeat(拍子)からきています。


◆オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダって何?
歌詞はデズモンドとモリーが出会って結婚して暮らして、という他愛ない内容。
サビは
オブラディ・オブラダ 人生は
続いてゆくのさ
オブラディ・オブラダ いつまで
続けられるかな?

「オブラディ・オブラダ」は造語で人生は続いていく、というを指しています。

人生という言葉を辞書で一緒に調べました。
~人がこの世で生きている間、人がこの世に生きて行くということ


◆アフリカ
この言葉を言い出したのはジミー・スコットさんというナイジェリア人です。

ナイジェリアをはじめとする代表的なアフリカの国々(アルジェリア、ナイジェリア、南アフリカ、エジプト、モロッコ)、ナイル川、サハラ砂漠、スエズ運河(本運河によりアフリカ大陸を回らずにヨーロッパとアジアを海運で連結)について話しました。

ここでは触れませんが、ほかにも色々とつながりますね。

  • ナイル川⇒エジプト文明
  • アフリカ最高峰のキリマンジャロ
  • アフリカでは鉱石(鉄、鉛、亜鉛、コバルト等)を産業⇒化学式を確認
  • 南アフリカ⇒アパルトヘイト
  • アラブの春
  • エジプト⇒ピラミッド、スフィンクス⇒歴史


◆楽器(これは実際にはできず)
ジミー・スコットさんはコンガ奏者。
コンガってどんな楽器か知ってますか?
f:id:kabokabo2:20190110112538p:plain
(イラストポップさんの画像より)

楽器には弦楽器、打楽器、管楽器があります。
それぞれの例をあげておきます。

弦楽器 ヴァイオリン、ギター、ハープ 等
打楽器 シンバル、マラカス、木琴 等
管楽器 フルート、サクスボン、トランペット 等


◆立体の絵
続くことを表現するために、遠近法を使います。
道ならば平行ではなくて、手前を太く、向こう側を細くすると、長く続いているように見えます。

ということでここでお絵かきタイムに。

今回はこれで終了です。

◆単語
Ob-La-Di, Ob-La-Da、ビートルズ、イギリス、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、beetle、カブトムシ、beat、拍子、ジミー・スコット、リン鉱石、鉄、鉛、亜鉛、コバルト、サハラ砂漠、キリマンジャロ、スエズ運河、アフリカ大陸、ヨーロッパ、アジア、海運、アルジェリア、南アフリカ、ナイジェリア、エジプト 、モロッコ、コンガ、弦楽器、ヴァイオリン、ギター、ハープ、胡弓、ピアノ(打弦楽器)、打楽器、カスタネット、シンバル、トライアングル、ベル、マラカス、木琴、鉄琴、ドラム、小太鼓、大太鼓、管楽器、フルート、ピッコロ、クラリネット、サクソフォン、オーボエ、トランペット、ホルン、トロンボーン、縦笛、オルガン(多管楽器)、立体

◆母のメモ
f:id:kabokabo2:20190110112101j:plain

(息子 5歳0か月 20分)

奈良公園のふん虫とならまち糞虫館

No.9 鹿 の後日談です。

NHKの朝のニュースを見ていたところ奈良公園のふん虫とならまち糞虫館が紹介されました。
(「ふんむし」だと思っていたら「ふんちゅう」と発音されていて驚きました)

https://twitter.com/nhk_news/status/1070272520706756609
https://www.hunchukan.jp/

知識として聞くだけでなく、映像で見ると(特にテレビだと、大人の母にとってはさらにNHKだと)説得力が増しますね。

糞虫館に行きたいと息子が言っているので、先日奈良公園に行ったばかりですがもう1回行こうかと思ってます。

(追記)
奈良町行ってきました。
庚申堂(吊るし猿) → 奈良町からくりおもちゃ館 → 糞虫館 → 奈良公園

からくりおもちゃ館、昔のおもちゃの遊び方を教わってたくさん遊びました。
親目線だと、息子がおもちゃを乱雑に扱って壊さないかヒヤヒヤしました。昔の木のおもちゃの良さを感じました。

f:id:kabokabo2:20181227131842j:plain
からくりおもちゃ館

糞虫館、標本って素敵ですね。これまでも他の昆虫館の展示などで見たこともありますが、こんなにじっくりみたことはありませんでした。
小さい博物館で館長の中村圭一さんご自身の簡単な説明があるので、より魅力を感じるのかもしれません。

f:id:kabokabo2:20181227131742j:plain
ならまち糞虫館

No.11 みかん

先週はみかん狩りに行ってきました。みかん大好きな息子は5歳にして10個食べたとか、食べないとか・・・!!!
ということでみかんのつながりマップです。

f:id:kabokabo2:20181220091213p:plain
つながり_みかん
 

◆分数
以前作成したみかんの分数カードでウォーミングアップをしました。

f:id:kabokabo2:20181227130229j:plain
みかんで分数

みかんの分数カードは↓を参考に自作
https://teachbesideme.com/product/orange-fraction-flip-book/

2/4 + 3/6 = 1
をカードで理解したようです。


◆みかんの生産地
みかんの生産地ランキングは
 1.和歌山県 有馬みかんが有名
 2.愛媛県
 3.静岡県
都道府県に色を塗っていたら、愛媛県がライオンみたいだというので、それもマップに書きました。

太平洋側で日照時間が長く温暖な地域といえますね。


◆みかんの歴史
みかんは500年ほど前(室町時代)に和歌山、熊本、静岡などで栽培が盛んになり、江戸時代には海運で江戸に運ばれました。
ということで室町時代の有名人、足利ファミリー(親子ではないです)です。
 足利尊氏 1338年に征夷大将軍に就任。室町幕府のはじまり
 足利義満 三代将軍、南北朝を統一、金閣寺
 足利義政 八代将軍、応仁の乱の原因、銀閣寺

カード3枚渡すと、息子が喜んでました。
https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e192448h/?l2-id=pdt_shoplist_title#10688396

今回はやってませんが、それぞれの産地から江戸に海運で運ばれるコースを地図で見るのも楽しそうです。


◆栄養
みかんにはビタミンCという栄養が含まれてます。

というと、すかさず息子からビタミンA、ビタミンB、ビタミンC・・・だね、と。Aから順番に言っているのかと思ったら、NHK連続テレビ小説の「まんぷく」に出てくるダネイホンというパンに塗って食べる栄養食品の栄養成分が動物性たんぱく質、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなんだそうです。
息子はがっちり見てるのですが、私は朝の支度をしながらなので細かい点は知りませんでした。

ビタミンCは血液の流れをよくする、肌をきれいにする、免疫力を高めて風邪を引かないようにするはたらきがあります。


◆実験:みかんは浮くか
つながりマップ初の実験です。
みかんは浮くかどうかを予想してから実験しました。

材料は
 みかん
 凍ったみかん(前日から準備、皮をむいてから冷凍)
 水を入れた麦茶ポット(みかんの入るサイズなら水槽でも鍋でもOK)

f:id:kabokabo2:20181227130318j:plain
みかんの浮き沈み実験材料

結果は
 皮のあるみかんは「浮く」
 皮をむいたみかんは「沈む」
 凍ったみかんは「浮く」
でした。

皮のあるみかんは果実と皮の間の空気が浮き袋の役割をしています。
凍ったみかんが浮くのは氷が浮くのと同じです。水は氷ると体積が増し(水分子の結合が間をあけた整列になる)、浮力が大きくなります。
幼児には氷は浮くんだよ、くらいでいいのかな。

皮をむいたみかんが沈むのを見たときは、答えを知っている母も「あれーっ」と声を挙げてしまいました。実験は楽しいですね。

youtu.be


家庭学習ではやりませんでしたが、
◆みかんの流通
農協(農家によってつくられた組合)の選果場に集められたみかんは大きさや味の良し悪しによって卸売市場に出荷するみかんと、ジュースなどの加工用の原料になるみかんに分けられます。
卸売市場で取り引きされたみかんは、スーパーマーケットやくだもの店などにならべられます。収穫されたみかんが店にとどくまで、平均して 5~ 6日かかります。
ジュースなどの加工原料になるみかんは、トラックで農協のジュース工場などに運ばれて、新鮮なうちに加工されます。加工されたジュースや缶詰は、小売り業者に販売され、店にならびます。


◆おいしいみかんの見分け方
 (外観)扁平な形で、だいだい色がこく、枝(正確には果梗)が細い
 (中身)皮がうすくてやわらかく、10ふくろ以上


◆植物としてのみかん
みかんのひとつひとつの房は、じょうのう(ふくろ)と砂じょう(つぶつぶ)でできている。じょうのうは花の子房が成長したもの。じょうのうの表面の白いすじは維管束。維管束は、葉や土から吸収した栄養分や水分をみかんに送る。


-単語-
和歌山県、有田、愛媛県、静岡県、室町時代、足利尊氏、足利義満、勘合貿易、金閣寺、足利義政、応仁の乱、銀閣寺、狂言、江戸時代、流通、農業協同組合、選果場、卸売市場、スーパーマーケット、小売り業者、子房、維管束、ビタミンC

-母のメモ-
f:id:kabokabo2:20181221092312p:plain

(息子5歳0か月 35分)