MENU

つながりマップをつくろう-つながりマップとは(随時追記)

「つながりマップ」、、、つきゆみが命名した学習用マップです。

5教科でカテゴライズされる学習方法ではなく、身の回りの事象から色々なことへの興味につなげてほしいという思いで始めました。
ですので、中心には生活でふっと心にとめた言葉から始めるように意識しています。放射状にひろがる言葉はなるべくジャンルを広げるように頑張っています。

つながりマップは机上で行いますが、できあがったマップはラミネートしてポスターに仕上げます。
日常→つながりマップ→いつでも見られるポスター
と段階を追うことで、少しでも記憶に残ればと考えています。

中心から放射状に進めるところなど、ちょっとマインドマップっぽいですが、マインドマップが中心から伸びている線上に言葉を書くのに対し、つながりマップは線の先に言葉や絵を記入します。視覚的に幼児でもわかるようにするためです。ぶっちゃけ幼児がマップの線の上下に文字や絵を入れていくと、どこに関連する言葉なのかわからなくなってしまうほど、めちゃくちゃになるので、先に書くことにしました。

先に習う内容なども含みますが、理解を目的としたものではなく、新しい言葉をなんとなく頭の片隅にとどめたり、物事にはなんらかの法則や仕組みがあるということを認識してもらえたら、という程度で考えています。